2017-07

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『花封路』 - 2012.04.12 Thu

花封路(UTAU/冬子)

曲制作ふたつめ。
地味ーにgフラグ上下させたりピッチ動かす練習したりオートメーション調声(整)始めたり
…とかはまあ置いとくとしてまさかのP名タグを頂いてしまい。いいのかほんとに!
あれですよ、道明寺か長命寺か、っての。



「花封路」

雨の影に息を潜めて 通り過ぎて行くように
褪せた指で爪弾く薄氷 手折れず朽ちた喉

晴れの海も知らぬまま 綻んでゆく歌を隠して
満ちて干する泡沫の 鈍色は過去

花曇も散らさんと呼ぶ 嵐の速度から
切り取られて終わらぬ卯月を 永久に迷う調


風を泳ぐ両の手を 零れてゆく秘密翳して
地平分かつ蒼穹の 細波は千代

雨の影に息を求めて 僅かな痕さえも
騒ぐ指に砕けた薄氷 囃され歪む声

花吹雪に呼ばれる人の 肩すら攫めずに
置き去られて消え往く卯月の 永久に響く静寂

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nyankoromofmof.blog.fc2.com/tb.php/33-d773e392
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『白昼夢』 «  | BLOG TOP |  » 『夜をつくる』

new

category

雑記 (0)
曲 (12)
絵 (0)
自作音源 (3)

profile

猫瀬野

Author:猫瀬野

search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。